共話§待降節独墺旅[2]ドイツ到着

[承前]

全日空機は順調なフライトを続け、フランクフルト国際空港にほぼ定
刻着陸。フランクフルト近郊在住という隣席の出張夫婦とは、パスポ
ートコントロールの付近で“そういえば今日は待降節ですね”などと
話しつつ別れたのである。

さて、ベルリン行きルフトハンザまでは2時間以上あるので、メイン
ホール上階にある、空港内クリスマスマーケットに行ってみた。もち
ろん広いスペースではないが、ドイツらしくいかにも“らしく”まと
まっていて、この先に訪れる各地のクリスマス市が楽しみになった。

グリューワインをどさくさで1杯とか思ったりもしたが、機内でも呑
んでいるし、この先3週間もあって先は長いぞで、会場をゆっくりと
一回り。雰囲気だけ味わって、ベルリン行きにチェックインするべく
国内線ターミナルへと移動。

さて、搭乗客は集まってきたがアナウンスがない。うーむ遅れている
のであるかとボードを眺めていたら、横に座っていた老婦人が“……
しゅぺーたー・・・”とにこやかに話しかけてきた。ドイツ語の語彙
は乏しいが、遅れるという意味のしゅぺーたーくらいは知ってるぞ。
で“やー、げなう”と答える。もちろんそれ以上の会話が続くことは
ないが、愛想には愛想でお返しするという麗しき交流である。

にしても出発は30分近く遅れそうで、同居人との再会が……遠のく。
                            [続く]

《ドイツのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック