閑話§集中すると我々は沈黙する[上]

中国は広州で開催されているアジア大会である。特に集中を要求され
る陸上競技のスタート直前に観客席がやかましくなって中断。アナウ
ンスで静粛をと繰り返されるシーンを見た。

これは日本人だからなのかはわからないが、多くの群集が観戦してい
るにもかかわらず、その場の競技に集中して、場内がそれなりに静ま
りかえるということがある。例えば大相撲の仕切りがそうで、のんべ
んだらりと酒を呑み弁当を食って過ごしているにもかかわらず、立ち
合いとなると、すーっと取組に神経を注ぐのである。

去年、ラグビーのブレディスローカップを観戦した時、何人かのオー
ストリラリア人が客席を回りながら一生懸命盛り上げようとしている
のを見たが、ああいう高度な試合を“いわば中立な立場で”見ている
我々は、そのプレイの凄さに唸り声を上げはするが、それじゃあオー
ルブラックスに、あるいはワラビーズに肩入れしてとかいう状況には
なかったりする。本拠地の観客席とは様子がまったく違っただろう。

そういう状況で意味もなく騒ぐというファンクションは日本人の中に
は組み込まれていない。とりあえず集団になった時の行儀の良さらし
きものは、まだ今のところ健在のようだ。
                            [続く]

《ラグビーのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック