醸話§日本酒 日本酒 日本酒~

ガチのビール好きといえども、寒さが徐々にやってくると日本酒度が
高くなるのは当然のことである。というか日本酒を蔑ろにしたことな
んか……一度もないぞ。

そんな気分の一昨日、日本酒を呑んできた。月一くらい出かける居酒
屋である。お通しは蓮根のキンピラで、それをポリポリしつつ、まず
エーデルピルスの生をごくり。

御品書きを眺めるとマグロのおろし和えと読めたので、それを注文。
マグロブツにたっぷりの大根おろしというヘルシーな酒肴に満足しつ
つ、エーデルピルスが成仏した。

新酒は何がと物色すると、〆張鶴の生酒があった。これはと二合片口
をいただく。さらっとした呑み口にマグロが進むではないか。これで
二合など、

……一人呑みのメリットは、どれくらいの量を呑んだか、自分自身で
把握できるということである。それに、よほどのことがない限りは酒
が過ぎるということもないのだ。

明けて木曜日は恒例の休肝日。あれしきで酔うわけでもないが、自分
に課した約束である。きちんと守って今日のお酒に繋げるということ
なのである。

《日本酒のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック