懐話§昭和三十年代~歌謡曲~

[承前]

歌謡曲とはまた、ずいぶんと広範囲をカバーするような命名のように
思う。

歌謡曲の全盛期というならば、ラジオからテレビに移行し、レコード
も盛んになった昭和三十年代ということになるだろう。大晦日NHK
紅白歌合戦は、まさにその歌謡曲のために生み出された番組と言える
のではなかろうか。

そんな歌謡曲も昭和四十年代に入って翳りを見せてくる。入れ代わり
にグループサウンズが台頭したのだ。おそらくは、舟木一夫、西郷輝
彦、三田明という御三家を最後に、歌謡曲はアイドル路線に突入して
いった、そういう見方ができるだろう。

今、歌謡曲として命脈を保っているのは、辛うじて“演歌”あたりく
らいなものだろうか。

まさに“歌は世につれ 世は歌につれ”である。
                            [続く]

《昭和のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック