週話§日曜悠々~年忘れお笑い観劇~

今日は、これ↓を観て今年の笑い納めとするのだ。

画像

と書いていたら、来週は新国の『トリスタンとイゾルデ』に行くこと
を思い出した。松竹新喜劇とワーグナーの楽劇……何の脈絡も関連も
思い浮かばない組み合わせで、自分の頭の構造が相当に風変わりとい
うことがよくわかる。

でもまあ、年に2回くらい何も考えずに他愛なく笑える舞台を喜んで
観るという機会があってもよかろう。

人間なるものは喜怒哀楽の微妙なバランスの中で生きているわけで、
何かというと笑いを忘れてまじめな方向にばかりという生き方は、精
神的にも生理的にも不健康であるような気がする。もっとも、生来が
深刻になれない性質なので、ワーグナーよりは藤山直美ちゃんのほう
がしっくりくる……んじゃないだろーか。

【去年の今日】無話§冬の富士山の表情

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック