飢話§立食では満腹にならない!

立食のビュッフェパーティは苦手である。理由はおいおい書いていく
として……。

酒はまあ呑むにしても、テーブルの料理をピックアップするのが面倒
というか、行列でもできていたら、それだけで気持ちが萎えてしまう
のだ。

そうでなくても、立食で満腹になったという記憶がない。立食パーテ
ィの目的は、当然ながら出席者との会話というのが主目的なわけで、
だから当人は食べているつもりでも、会話にかまけてしまうと食べた
気にならないのではなかろうか。

それに、さらにのせているようでいて、実は周囲に遠慮という節もあ
って、皿の上の料理はさほど多くなかったりするのではなかろうか。
とにかく何をするにしても中途半端な状況になってしまうというのが
立食の欠点ということなのだ。

招待されてのタダ飯&タダ酒であるならそれでもいいのだろうが、何
がしかの会費を払った上に、出てくる料理が出席者に比べて少ないと
いう時は、話に忙しくて気がついたらビール2杯にワイン1杯とかで
何も食べずなどということもある。

結局はパーティが終わってから、改めて食い損ねた晩飯を食べる店の
物色を考えるというのがオチであるわけなのだ。

【去年の今日】週話§気まぐれ週末~詰まりに詰まり~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック