季話§芹乃栄~七十二候~

昨日から小寒で、その初候“芹乃栄(せりすなわちさかう)”である。

立春を一か月先に控えて“小寒”という大きな括りは寒いままだが、
七十二候では、春の兆しがどんどん生み出されているということなの
だ。

年末には陽が伸び始めていると書いたが、東京の日の入りはとっくに
16時半を過ぎて17時に近くなっていっている。気分的には春が近づい
ていると言いたいのだが、大寒は今月下旬の話だったりする。

《天気のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック