翔話§飛行機で飛んでいる夢は・・・

比較的見る頻度の高い夢として飛行機に乗っているというのがある。

ただし、大型旅客機であるにもかかわらず、かなりな低空を離着陸時
程度のスピードでフワフワと浮くがごとくに飛び続けるのだ。一度な
ど、高圧線スレスレにゆらゆらと飛んでいたりもして、そんな様子を
機内から見下ろしているのだ。

高いところから下界の風景を眺めるのは昔から好きだったので、そん
なところが反映されているということなのだろうか。それに見下ろす
下界の風景も相当にリアルだったりする。

先日見た夢では、この時は珍しくも着陸まで見たのだが、すぐ真下を
野球場のグランドが通り過ぎ、ベースのダイヤモンドまではっきりと
見えたり、大屋根の瓦もくっきりとしたお寺さんの上までも通過した
りなのだった。

記憶が曖昧だからはっきりしているわけではないが、年に一度くらい
は空中にいる類の夢を見ているような気がする。それで、夢を見なが
ら不快であるとかそういった思いをしたということもない。

それにしてもだが、あの馬鹿でかいジャンボ機が高度50mあたりをユ
ラユラ&フワフワと浮遊する様はなかなかに快感なものであるのだ。

【去年の今日】才話§モーツァルト 弦楽四重奏曲第14番

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック