養話§中村勘三郎休演・・・

中村勘三郎が2月の新橋演舞場『ペテン・ザ・ペテン』公演をキャン
セルした。とうとうドクターストップがかかったということなのか。

一昨年だったか、コクーン歌舞伎『夏祭浪花鑑』のカーテンコールの
時に勘三郎が「これ、一日に2回やる芝居じゃなんですよ」と言った
のを聞いて、さしものタフな勘三郎も年齢的にきつくなってきたのか
と思ったのだ。

何を言っても貴重な役者の一人なのだからくれぐれも体を大切にして
もらいたいと思うのである。昨年の秋頃だったか、民放の他愛ない番
組に出ていた時、ゲストの行きつけの店とかを訪問しつつ紹介してい
たわけだが、途中から酒が回りだした勘三郎……番組が終わる頃には
呂律も回らなくなってしまっていた。

以前だったら何でもない酒の量も、五十代半ばになると我が身に遠慮
なく響いてくる。おそらくは収録後、好江夫人のカミナリが落ちたと
想像しているのだ。

自分が過信しているほど、もう若くはないということを、どのように
自覚して先々に生かすべきものか、プロ野球の一流投手がベテランに
なって150キロのボールを投げられなくなる、その先をどうしのい
でいくかというようなものでもある。

いずれにしても、同世代としては少しばかり気になるわけで……。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック