季話§黄鶯目見睆~七十二候~立春

立春の次候“黄鶯睍睆(うぐいすなく)”である。タイトルでは睍の字
が表示できないのでしかたなく“目見”で代用したが、何とかならな
いかなあ……。

いや……さすがにウグイスは鳴かないですね。それでも季節が春へと
動き出しているなあと思える、そんな今週の流れではないか。

まず、空の青さから少しずつ寒さが薄らいでいるような気がする。空
から視線を地平線方向に下げていくと、薄っすらと霞がかったように
なってきた。

そして低気圧が南西海上から東進するようになってきた。低気圧だが
八丈島と本州の間を抜けると雪になりやすいという。タイミングとし
ては、これからの時季の東京は雪が降りやすくなる。

東京の雪は立春を過ぎてからが本番ということなのだ。

《天気のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック