季話§魚上氷~七十二候~立春

立春の三候“魚上氷(うおこおりをいずる)”である。

溶けた氷の割れ目から魚が飛び出してくるのだという。三連休の初日
朝から雪が降って、東京あたりは立春過ぎてからようやく雪がという
暦とは裏腹の天気模様で、これはもう春に向かって日本付近の空気が
移り変わる過程だと思うのだ。

雪が降ることで春が近づくという東京。だから、積もり続ける雪国の
とは違って、冬の終わりが少しだけ見えてきたという、そんな雪なの
である。

↓この冬最大の積雪なのであろうという記録
画像

先週の金曜日ほぼ丸一日近く降った雪は、三多摩南部の我が家周辺を
銀世界に変えてしまった。駐車場の車に積もった雪から見立てると、
10cm以上は降ったようだ。

《天気のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック