華話§外食でカレーを食べたのは・・・

記憶をたどってみたが、子供の頃、カレーライスを食べるというのは
自宅でのことに限られていた。……学校給食としてはあったのだが。

それで、いつ外食としてカレーを食べたのかというと、これが高校生
の頃になってということを思い出したのである。

家で母親が作るカレーというものは、中身も含めてまさに十年一日の
出来であるから、その味に慣れきってしまったということは大きい。

それで高校生になってから、ようやく同級生と連れ立って外食のカレ
ーを食べたのだった。喫茶店とスナックがないまぜになったような店
だったが、初めて食べる“外のカレー”の印象は強烈だった。

まず、中身が煮込まれていて原形をとどめていないということ。玉葱
はトロトロだし、豚肉はほろほろになっていた。そしてスパイシーと
いうことだったのである。

そして、家のカレーに入っていたじゃがいもなど入っていなかった。
確かに我が家で翌朝食べる残りのカレーは、ジャガイモがどろどろに
溶けて、それはそれでいいのだが、どことなくもっさりとした印象に
思われたのだ。

こうして外のカレーを口にしたわけだが、その後ほどなく東京での自
炊生活の中で自分なりのカレーを作るようになったというのは、また
別のお話である。

《カレーのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック