悼話§和田寿郎さん(医師)

1967年、南アフリカのバーナード医師によって行われた初の心臓移植
手術から8か月後の日本で、初の心臓移植手術が行われた。その執刀
医が札幌医大の和田寿郎である。

この件は、かなり鮮明に記憶しているのだが、まだまだ心臓移植に関
するコンセンサスが不十分だった時期、彼が功名に逸っての拙速な手
術ではなかったかと批判、そして告発まで行われたことで、日本にお
ける脳死問題、心臓移植医療に遅れを生じたことは事実と思われる。

当時の状況を考えれば、いわゆる脳死判定に手間取ることを恐れたの
だろう。おそらくは“慎重に”事を運ぶという流れの中で、手術のタ
イミングが遅れることを恐れたということだろう。

《追悼のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック