ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 量話§居酒屋の一合は・・・

<<   作成日時 : 2011/02/24 00:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

勺(しゃく)という単位がある。一勺は一合の十分の一だから、18mlほ
どか。

今時は、一合枡にグラスを置いて日本酒を注ぎ、枡の中まで溢れさせ
てという出し方もあるので、正一合に近い量も増えてきているとは思
うのだ。

ただし、昔風の一杯呑み屋風情の店の徳利は七勺とか八勺しか入らな
かったりして、それをもって“一合”と称していたのだから、何とも
朗らかだったというものか。

そういえば独身時代に一度だけアパート近くのしょぼくれた居酒屋で
酒を呑んだことがある。その店の徳利は間違いなく七勺だったのだ。
それが証拠に間違いなく空徳利を10本並べたのである。

酒呑みとしての全盛期であっても、一升瓶を空にしたことは一度もな
く、せいぜい五合を空けてひっくり返っていたのだが、その時はなぜ
か調子がよく、燗酒をスイスイの呑んでしまった。そして気がつけば
という次第だったのだ。

仮に七勺を10本としたら七合という不滅の自己記録達成なのだが、は
たして本当に七合呑んじゃったのかねえというのは、いまだに謎とし
て残っている。それにしてもずいぶんと小ぶりな徳利だったのだよ。

【去年の今日】呑話§酒の日本語〜おつもり こなから〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
量話§居酒屋の一合は・・・ ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる