季話§菜虫化蝶~七十二候~啓蟄

啓蟄の三候“菜虫化蝶(なむしちょうとなる)”である。

先週の地震で、そんな自然までが萎縮してしまったかはわからない。
人間の営み、自然の営み……地震は我々が抗えない自然の営みなので
あるが、今の我々はあたかも巣籠もりをしてしまったかのように、ひ
っそりとしているようだ。

もちろん、いつもの日常を取り戻すにはまだまだ長い時間を必要とし
ていて、その道のりの先の先が見えなくなってしまっている。そして
そのことに絶望感を抱くのは当然のことである。

我々にできることは、その道のりに足を踏み入れて半歩でも一歩でも
前に歩みを進めることしかないのだ。

日曜日に家の近くを歩いたら、辛夷(こぶし)の花が開いていた。……
春が来ている。

《天気のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック