ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 季話§雀始巣〜七十二候〜春分

<<   作成日時 : 2011/03/22 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日が春分の初候“雀始巣(すずめはじめてすくう)”でだった。

“暑さ寒さも彼岸まで”という気候である。日曜日、表に出たら、近
くの辛夷(コブシ)の花がほころんでいた。そうなると、あちらこちら
の辛夷が花開いてくれることだろう。

我が家の周りでは、梅や桃の次に辛夷や沈丁花が、そして桜が咲くと
いう流れだが、今年は沈丁花が遅れているようだ。ちょっと噎せるよ
うなあの香りが漂ってくることで、さらにさらに春を実感するという
のが、毎年変わらぬ約束事なのである。

昨日は一日雨模様で、新橋演舞場まで歌舞伎見物に出かけたものの、
夕食は新宿まで戻って、簡単に立ち食い寿司でそそくさと済ませてし
まったのだ。

《天気のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
季話§雀始巣〜七十二候〜春分 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる