源話§単1電池ほーやれほー

単1電池が売り切れてしまっていて、どこに行っても手に入らない。

我が家で、電池で稼働する機種は多々あるが、ほとんどは単三か単四
電池で、そのために少しばかりの買い置きはある。

単1を使うのはガスコンロのたった一機種。着火とか安全装置などを
動かすために使われている。電池がなくても着火はできると思ってい
たら……どっこいできないのだ、お立ち会い。

直接現場を見たわけではないので以下は勝手な推測である。昨今、電
池を必要とする機種の大多数は単三か単四を使うように思われる。そ
ういうことを考えずに、手当たり次第に必要のない単1電池まで買い
込んでしまったのではないかと睨んでいるのだ。

そして……買ったはいいが、自分の家で単1機種がないことに、持ち
帰って気づいたものの為すすべなく“不良在庫化”しているのではな
いかとも想像している。

人間の心理として、飢えとか足りないとかいうことに対する防衛反応
が存在していて、不必要と思われるものでも目の前にあるのだったら
とりあえず確保してしまうようで、それがあのトイレットペーパーを
大量に買い込んで得々として帰宅するという姿に象徴されているよう
な気がするのだ。

【去年の今日】悼話§ヴォルフガンク・ワーグナーさん

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック