流話§計画停電に思うこと

我が家のある地域では、これまで予定通りに計画停電が実施されたこ
とがない。

停電が実施されるのだと想定して、その間は困らないような態勢をと
って待ち構えているのだが、自分のグループの自治体で、他の町内と
いうか地域では行われているというのに、我が地域には回ってこない
のである。

我が地域内で考える限り、停電されて困るような公的施設があるとは
思えず、だからなおさら停電が行われないという理由が見つけられな
いでいるのだ。

これを読んで、自分のところはきちんと停電しているのだという人が
不公平感を抱くのは当然のことだと思う。

東京電力が情報不足だと言われるのは、要するに同じグループの中に
あって、ここは停電するというのとここは停電しないという理由のよ
うなものが明示されないということなのである。

だから知りたいことは停電する理由以上に、停電しないという理由な
のだ。そのあたりが実にモヤモヤとしているのだ。類推するに、おそ
らくそのあたりは“機密”とやらに属する類の情報で、その理由が表
に出てしまうと、それを悪用する輩がでてくるということなのかと。

あるいは単にこれまで通りの情報の出し惜しみなのかもしれないが、
これまでのそういった姿勢が、我々をしてどんどん疑惑がふくらんで
いってしまうという悪しき大きな理由なのである。

【去年の今日】連話§ワタシの酒肴[29]ナッツの類

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック