季話§雷乃発声~七十二候~春分

春分の末候“雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)”である。

春雷は太陽暦だともう少し前のことで、春先に移動性高気圧が通過し
た、その後に低気圧がやってきて前線が通過する時に大気が不安定に
なって雷が発生する。我々はその雷をもって冬が終わったことを知ら
されるということなのだ。

春先は思わぬ時に雷が鳴ったり、時には雹らしきものが突然降ったり
して驚かされることも。

桜が咲き出して穏やかな気候のように思われるが、実は“花に嵐”
のたとえもあるわけで、けっこう油断のならない時節でもある。

《天気のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック