季話§玄鳥至~七十二候~清明

清明の初候“玄鳥至(つばめきたる)”である。東京都内で燕の飛来を
見るのは、およそ4月半ばあたりだと思う。

マンションやアパートばかりで、軒下というものが少ない我がエリア
では、燕を見かけることが意外なほど少なかったりする。

そうはいっても一軒家の軒下などには燕の巣を見かけるるし、颯爽と
界隈の辻を縦横無尽に飛び回っては幼鳥のための餌狩りに励んでいる
のだ。

ところで二十四節気の“清明”である。清く明るいとは、想像するだ
に、何とシンプルで美しい様子なのだろうかと……それは例えば、明
け方で夜から朝へと移りゆく瞬間の空気感のようなものなのだろうか
と、それは勝手なイメージでしかない。

春には春の清明があり、他の季節にはまた、それなりの清明が存在す
るということでもあるのだろう。

《天気のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック