揺話§2011年4月11日~そして一か月~

東日本大震災から一か月が経った。

この一か月、日本は国全体が浮き足立って、抗いようもなく押し流さ
れてしまったような感じである。原発状況の改善待ちという最大の不
確定要素を抱えつつ、それでも復興を滞らせることはできないのだ。

まずもって必要なことは“正しい情報”の発信と“風評被害”を殺ぐ
ことでしかない。だが、それこそが難しいことなのである。

何気なく発した一言が、思わぬ影響を及ぼしてしまう。おまけに、風
評が蔓延する頃には発生源が特定できなくなるという厄介な状況にも
なってしまうのだ。風評を弱めるのは正確な情報を発信していくとい
う確固とした態度でしかない。

地震直後は、多くの人間が一種の興奮状態に置かれることで、先々の
復興に対する意欲のようなものが体内を巡っていると思われるが、時
が経つにしたがって、今の状況が冷静に見えるようになった結果、ど
こから手をつけていったらいいかという……そんな狭間に陥ってしま
ったような気がする。

おのおの方!悪魔のささやきが聞こえるのは、そういう時なのだ。

一か月が経ったが、復興へのロードマップは、いまだにはっきりとし
た像を結んでいるわけではない。現実を冷静に見つめて、うず高く積
もった目の前の懸案を一つ一つ気長に片づけていくしかない。これは
自分に対しての言い聞かせでもある。

《クラシックのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック