謝話§本日でブログ開設6周年

読んでいただいてありがとうございます。

ブログを始めて6年が経った。けっこうあっという間だったなあと、
しみじみ思う。昨日までに書いたお話は4546話である。

多い少ないはあれど一話を400字前後と決めているので、大雑把に
原稿用紙で4500枚、文字にして180万字……。

何より大切にしていることは“雰囲気を変えない”ということ。だか
らブログの名称もページのデザインも、始めた時から変えてはいない
のだ。

ディスプレイによっては変なところで改行しているように見えると思
うが、1行31字で強制改行している。現状では句読点が行末でぶら下
がらずに、その一字前から勝手に改行されるのを嫌っての措置だが、
見づらいみなさんもおられるでしょうが申し訳ありません。

立ち上げた当時は、他愛のない酒呑み話を中心にするくらいで、先々
書き続けられるかなと思った。会社勤めの日常は変化に乏しいので、
日記のような体裁はできないと考えたのだ。

それで無理矢理ひねりだした窮余の一策が、コラムというかエッセー
というか、そんなものを書いてみようと考えた節がある。それも特定
のテーマに縛られることなく、風呂敷を広げられるだけ広げて思いつ
くままにという、今考えてみればけっこう無謀な目論見ですよね。

ところがというか、自分の性格もあってダラダラと書き連ねるような
力がない。長く書けば書くほどボロが出まくる程度の文章力である。
それで400字前後という縛りをかけたのだ。そうすればボロが出る
前に文章が読み終わるではないか。

そんな“何でもあり”が、ここまで継続できた理由ではないかと思う
のである。いつも書いているように、平日3話はガチなノルマではな
い。話題が途切れればそれまでなわけだが、もう少し大丈夫そうだ。

7周年に向かっての積み重ねが始まる。

【去年の今日】謝話§本日でブログ開設5周年

この記事へのコメント

森熊
2011年04月12日 09:42
6周年、おめでとうございます!
継続力、尊敬します。
いつも、タイトル頭の<○話>の部分も、
拝読する際の、密かなお楽しみポイントだったりします(^^)
HIDAMARI
2011年04月12日 14:28
ありがとうございます。

○話の○ですが、本文中に使われることなく、なおかつテーマに関係のありそうな一文字を考えるのですが、文中にある文字を使うこともありますが、それはまあ……。

この記事へのトラックバック