ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 径話§アウトバーンで車を走らせること

<<   作成日時 : 2011/04/13 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

レンタカーでアウトバーンを走るようになって10年が経とうとしてい
る。毎回、一週間ほどの左ハンドル体験は慣れる頃に帰国するという
繰り返しである。

ここ数年、車をピックアップする場所は空港からで、そうするとすぐ
にアウトバーンに入って、そのまま目的地に向かえるのだ。おかげで
いきなり煩雑な街中の道を走らずに済むのはありがたい。

1kmも走ると自然にアウトバーンに入る。しばらくは100km/hくら
いで走行車線を慎重に走って流れに合わせるように気を遣う。その後
は徐々にスピードを上げて120km/h前後でクルージング状態に移行
するのだ。

ところで、アウトバーンを走っていると日本の高速道路以上にフロン
トが汚れる。日本でも虫が衝突してガラスが汚れるが、アウトバーン
の比ではない。天気にもよるが晴れた日に走ると、10kmくらいで虫と
虫の痕の脂が付くので、ウォッシャーを出してワイパーを動かす。

それから、今のところ自分は遭遇していないが、小動物が轢かれてい
るのにも出くわす。彼らにしてみれば、自分達の通り道に何やら別の
道が俺たちの許しもなく、勝手に通っているという感じなのだろう。

そんなこともあるので、アウトバーンを走るのは遠くの前方と後方の
確認はもちろん、直近の前方にも注意を払わなくてはいけないのだ。

《ドイツのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
径話§アウトバーンで車を走らせること ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる