季話§虹始見~七十二候~清明

清明の末候“虹始見(にじはじめてあらわる)”である。

雨が降った後に虹が出るのは四季を問わずの現象ではないのかという
突っ込みをしたくなる。俳句の季語に単独で虹はなく、春虹といった
熟語として存在するのみ。

書きながら、冬に虹は似合わないのだろうと考えてみた。寒々しい雨
の後に虹が懸かっても見る人は少なかろう。いわゆる狐の嫁入りのよ
うな天気雨がさーっと降った直後の青空に懸かる虹こそが、見るべき
虹なのだろうと思うのだ。

翻って“虹始見”とは、まさにそのようなシチュエーションで見たも
のであると言えるのではないだろうか。

《天気のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック