音話§シューマン第2交響曲日本初演は

これが驚くことに1963年というのだそうだ。他の交響曲の初演も1920
年代後半ということだから、異常に遅かったということができるので
はないか。

比較するわけではないが『春の祭典』の日本初演は1950年ということ
だから、初演から37年後のこと。

というわけで、日本におけるシューマンの交響曲受容の遅さに驚かさ
れた。それ以外のシューマンの作品、それこそトロイメライのような
ピアノ曲とか歌曲は比較的早い、明治の頃には入ってきたものと思わ
れる。

日本でオーケストラが作られたのは1870年代だが、常設として組織化
されたのは1920年代まで待たねばならなかった。要するに日本のクラ
シック事始はワーグナーの晩年近くに発祥するということなのだ。

それにしても、新響(現・N響)が発足した直後には4番が九大フィル
ハーモニーに、3番が新響によって初演されているというのに、なぜ
交響曲第2番が戦後20年近くなってようやく初演されたのだろうか。

そのあたりの事情がわかる人はいねがー。

《クラシックのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック