籠話§2005年以来の風邪~安静の大獄~

風邪をひいてしまった。木曜日の夜寝る頃、鼻腔最深部から咽頭にか
けて長いこと忘れていた違和感を感じ、不安がよぎった。

はたして金曜、その不安は的中し2005年以来久々のの風邪状態が我が
身に降りかかってきた。どうして2005年以来だと言えるのかというこ
とだが、実にわかりやすいことに、このブログを始めた2005年4月以
降は風邪らしい風邪をひいていないのだ。

それで確か2004年から2005年にかけたあたりのどこかで風邪をひいて
いたことだけは確かなのである。

金曜日の夜に風邪薬を服用したのだが、これがまったく効かない。ど
うも自分の症状と薬剤との相性の問題のような気がする。そうこうし
ているうちに、土曜の午後あたりからは鼻水が増えてきて症状が進ん
だように思われた。

その後、夕食の買い出しついでに薬局に行って葛根湯を買った。そも
そも葛根湯は、ひき始めに飲むのだということは知っていたが、どの
タイミングまでをもって“ひき始め”とするのかがわからない。ただ
“寒い風邪”には飲んでもいいとはあるのだ。

自分の風邪の特徴としては熱が出ない。ほぼ平熱で推移するというの
が我が風邪の通常のパターンで、だからまあ試してみようと、夕飯を
済ませて早寝する前に飲んでみた。

明けて日曜の朝、鼻水はほぼ完全に収まってくれた。熱はもちろんの
ことで、ちょっと声がというレベルまで改善してくれたのである。

相変わらずだが、この程度の風邪で済んでくれれば本当にありがたい
ことで、土日ともに短時間の買い物で外出以外は静かに閉門蟄居……

安静の大獄

……として穏やかに過ごしたのだった。

【去年の今日】週話§日曜悠々~ビール純粋令494歳~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック