週話§連休呟き~チケット~2011.4.29

連休初日からいいことがあったので気分がいい。

一昨日、大相撲技量審査場所のチケットがはずれたと書いたが、この
日行われた先着順予約で何とか2人分を確保することができた。

しかしなあと腑に落ちないのは、発券手数料だとかシステム手数料と
称して取る額の多さである。それが一枚あたりとかいうのだから、ま
とまるとけっこうな額になるわけだ。しかも今回の地震で頻発したキ
ャンセルに対しても手数料は発生しているのである。

かくして、こんなパロディ映像が流れることになる。

というわけで大相撲のチケットが確保できて気分のいい午前を送るこ
とができた。午後は懸案だった被災地へのパソコンを送るための事前
準備を始めた。

まず、屋根裏からパソコンを持ち出してセッティング、個人データを
可能な限り消去、そして再インストールをしてハードディスク本体を
出荷時の状態に戻した。これで送る体裁が完了したので、今日の午後
には発送するつもりである。

さて夕食をと思っていたら、テレビでイギリスのロイヤル・ウエディ
ング中継が始まったので、しばしの間眺めた。どこの国も財政赤字で
あるとか多くの懸案を抱えていて、イギリスもまだそんな悩み多き国
の一つなのだ。そうした時、ウィリアム王子とケイト・ミドルトンの
結婚は、イギリスに小さからぬ力を与えてくれる可能性を秘めている
ということか。

それにしてもと驚いたのは、齢九十という祖父エジンバラ公の矍鑠た
る姿だった。そうはいってもエリザベス女王も85歳となり、英国王室
における世代交代が進みつつあって、よその国の話ではあるが、まず
はめでたいことである。

【去年の今日】週話§連休悠々~歌舞伎座千秋楽模様~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック