較話§標準電波の送信所が停波中・・・

情報通信研究機構電磁波計測研究所時空標準研究室日本標準時グルー
プという長ったらしい名称の機関が日本の標準時を司っている。

電波時計を正確な時間で作動させるため、日本国内に2か所の電波発
信所があるのだが、そのうちの一つ東日本全体をほぼカバーしている
のが福島県にある“おおたかどややま(大鷹鳥谷山)標準電波送信所”
というところ。

この電波のおかげで、腕時計であれ何であれ電波時計の修正が行われ
ているのだ。

ところが東日本大震災で崩壊し、放射線事故を起こした東京電力第一
原子力発電所から20km足らずの山頂にあるということで、送信所スタ
ッフも避難対象になってしまった。現在のところ停波中である。こん
なところにも地震の影響があるというのは何とも。

↓ごらんのような位置関係。右端の海岸線にあるのが原発
画像

国内のもう一か所は九州北部にあって東京もぎりぎり圏内なのだが、
いくら試しても反応がない。

今は電波で修正されない、ただのクォーツ時計としての精度で時を刻
んでいるわけだが、さてさて送信所がいつになったら再開して電波の
発信を始めてくれるものやら、とんと見通しが立たないというところ
なのである。

自分自身がどうであるかはさておいても、正確な時計というのが何よ
りも好きであるという性質(たち)なものだから、当分は精度不安定な
時計の動きを恨みがましく見やるということなのだ。

付記:ところで、福島の送信所が再開されるまでの間、ここの電波出
力を上げるということはできない相談なのだろうか。

【去年の今日】街話§J街通信[68]さゝまの道明寺桜餅

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック