鍵話§ピアノ運搬という職人技

かねがね、ピアノ運搬の人達はすごいと思っていた。我が家の同居人
の花嫁道具であるアップライトピアノも、何度かの引越しで、彼らの
お世話になったのだった。

アップライト一台の重量は200~250kg。それを2人が両側から
太い布バンドで持ち上げて、そろそろと運ぶのだが、その見事なチー
ムワークと、中にはとても一人で100kgを越える重量を持ち上げて
運ぶなどとは思えない体型の人もいて、見事な技術だと感心しきりな
のだ。

さすがに最近は、エレベーターのないマンションの上階までのすべて
を人手で運ぶのではなく、条件さえ合えばトラックからクレーンで持
ち上げてしまうという合理的な方法も組み合わされたりしている。

何でも、アップライトは2人、グランドは3人で運ぶと決まっている
らしい。それぞれを人数を増やして持ち上げようとすると、ピアノ自
体のバランスが崩れてしまうということらしい。それでだったのか、
我が家のピアノ運搬にやって来たのは3人だったが、一人はまったく
手を出すことがなかった。

運んだうちの一度は3階まで吊り上げるクレーンの操作を担当してい
たのだが、それ以外はもっぱら指示役だったということなのか。

引越し業者の中にも現場仕事のプロがいる。特にそれは、重い家具を
慎重に運んでという時に発揮されていた。口を出すだけでなく、一度
置いたら動かすことのできない家具を客の注文通りの位置にセットす
という詰めの仕事をやり遂げるのである。お見事。

《ピアノのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック