愉話§タモリ倶楽部~天の邪鬼~

タモリ倶楽部は天の邪鬼な深夜番組である。やろうと思えば普通の時
間帯で放送できるであろうに、それをしないということは、深夜だか
らこそのグズグズ感をキープしたいという、その一点に尽きるのだ。

番組に登場するのは、メインのタモリ以外には仕切り役が一人と、テ
ーマに応じた複数のゲストということだが、番組冒頭でしきりに突っ
込むのは、テーマそのものに興味がないということだったりする。

もうずいぶんと昔、梅割り焼酎というテーマで放送された時、最初の
突っ込みどころは“なぜ焼酎に梅干しを入れてお湯割りにするんだ、
乙類を呑ませろ”という呑ん兵衛二人(井筒監督、なぎらけんいち)の
発言に始まったのである。

そもそものテーマを進ませないようにするという天の邪鬼さは、これ
をもって番組の本分であろう。そんな梅割り焼酎の番組だが、まずは
井筒がヘベレケになりかかるあたりからさらにヒートアップする。

大体、呑み過ぎてはまずいという“配慮”から梅干しを焼酎のお湯割
りにつけてシャブシャブするという馬鹿馬鹿しい段取りを、ゲストが
無視しまくるというのは、実は織り込み済みということと思われる。

逆に、仕切り役以外のタモリ以下ゲスト全員が嬉々として遊ぶのは、
鉄道がテーマの時であるということなのだが。

当然ながら、この番組を見る我々も先刻承知で、タモリとかゲストが
グズつくのを楽しく生温く見守るということなのだ。

《テレビのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック