浮話§世間様が見ていますよ・・・

日本人が事あるごとに言う“世間が見ている”という言葉が、いかに
狭い範囲の世間であるか、今回の政府や東京電力の対応を見ていて、
よく理解することができた。

というか、彼らがどこを向いているのかがまるで見えてこないのだ。
繰り返して書くが、いくら隠し通そうとしても、この時代に到っては
様々な情報は瞬時に世界に伝わっていくということを本当に認識して
いるのだろうかと思う。あるいは世間なるものを喪失したということ
だろうか。

世間=全世界という認識が薄いからかどうか、頭隠して尻隠さずみた
いな、頓珍漢な情報管理に汲々とするばかり。だが、いくら隠そうと
試みようが、現実に東電の原発から放射線は漏れ続けているし、地震
直後からメルトダウンも起きているということは明白なのだ。

仮に“世間様が見ていますよ”ということが、日本人の美徳に由来し
ているものであるならば、ここまで事態が進行したという事実に対し
て、いい加減に肝を据えて全世界に向けて淡々と進行している事実を
ありのままに発信するというのが取るべき最善の道でしかなかろう。

というわけで、再度問い直してみる。“あなたがた”にとって世間と
いうのは何を指してのことなのであるのかと……。

《日本のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック