網話§インターネット・リテラシー

パソコン通信まで含めると、インターネット歴は20年に近づきつつあ
るということに気がついた。

その間、大きなネット上のトラブルに見舞われたことはないというの
は幸運だったといえるだろうか。どちらかといえば“臆病”に寄った
性格もあって、少しでも危ないとか怪しいとかいった類には手を出す
ことがない。

ソフト的な面でもそうで、個人情報の漏洩が延々と問題になっている
という状況をかなり深刻なことだと認識し続けて、ネット上に個人情
報を流すのは、必要最小限にとどめてきたつもりである。

最近はネット通販の利用も増えているので、そうはいっても購入する
手続きのために個人情報を切り売りしている。人並み以下の利用度で
あっても、個人情報をネットに流していることに変わりはない。流し
ている量が多いから危険で、少ないから安全だ……という簡単な構造
になっているわけではない。

なので、結局は信用できそうな大手などを利用することになるが、ネ
ット内の魔の手は大手だろうが弱小だろうが見境なく獲物漁りをして
いるわけだから、自分はもちろんのことだが、情報の受け手の側にも
堅牢な情報の壁が構築されていることを望むのである。

もう一つの問題はネット・コミュニケーションだが、これについては
項を改める。

【去年の今日】波話§iPodトランスミッター~報告~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック