衣話§とある女性ファッション誌40周年

1970年代、相次いで隔週の女性ファッション誌が創刊された。70年に
アンアンが、そして71年5月にはノンノが創刊された。昨日25日が、
創刊40年という日にあたる。

当時の国鉄が繰り広げた“ディスカバー・ジャパン”というキャンペ
ーンと呼吸を合わせたかのように2誌が競って京都であるとか高山、
あるいは津和野といった歴史ある街を取り上げ、特集の掲載された本
を持った若い女性が訪れたのだ。彼女達のことを“アンノン族”と呼
んだのもこの頃である。

ドイツのロマンチック街道を雑誌で最初に紹介したのも、ノンノでは
なかっただろうか。

その後、80年代にはペンションブームを仕掛けたりしてというヒット
を生んだが、基本はあくまでもファッション誌だということである。
アンノン族という存在は90年代頃には消滅したはずで、彼女達のよう
な旅の形態が、この20年で大きく変容を遂げたということであろう。

その後、アンアンは早々にファッション誌からライフスタイル的な方
向へと大きく舵を切った。ノンノはその後もファッション誌としての
道を歩み続けているが、月に2回という刊行は月刊誌という形態へと
変化したのであった。

【去年の今日】懐話§昭和三十年代~空き地&原っぱ~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック