季話§蛙始鳴~七十二候~立夏

立夏の初候“蛙始鳴(かえるはじめてなく)”である。

何・・・立夏とな。やっぱり立夏ですか、そーですか。

カエルといえばオタマジャクシである。実家があった街には、2つの
川が流れていた。そのうち小さいほうの川には、しょっちゅう遊びに
行っていた。まあ、これくらいの季節から夏にかけてという時季に限
られてはいたのだが。

そんな川には浅い淵があって、メダカとかが泳いでいる中に、黒々と
したオタマジャクシの一群が固まってうごめいていたのだった。そん
な中から気まぐれに何匹かをすくいあげて家に持ち帰り、小さい水槽
に入れて飼ってみるのだが、いつも後ろ足が出てきたと思われた頃あ
たりから生き延びてはくれないのだった。

環境が違うことで死んでしまったのだろうとは、後で気がついたこと
だが、今さらながら申し訳ないことをしたと思うのだ。

《天気のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック