価話§ベルリンフィル11月来日公演

サイモン・ラトル率いるベルリンフィルの日本公演が決まった。東京
では3公演でブルックナーの9番その他、マーラーの9番という演目
である。

そしてチケット料金を見て目玉が飛び出た。最高席4万円也なのだ。

元々、マーラーやブルックナーに執着があるわけではないから、行か
ずに済むが、両方とも好きで、ラトルが好きで、ベルリンフィルが好
きという人にとっては悩ましい値段であろう。

ちなみに最安席は1万6千円。記憶が正しければ1979年に普門館での
最高席が1万5千円である。30年前の最高席値段で最安席すら買えな
いとはこれいかに、である。

ちなみにベルリンフィルの来日公演を最後に聴いたのは1996年。クラ
ウディオ・アバド指揮で、スウェーデン放送合唱団が加わってのマー
ラーの2番『復活』だった。この時のチケット代がいくらしたか……
確か2万円台だったかと思うのだが。

それで、この時を最後にベルリンフィルの日本公演を聴いていないと
書こうとしたら、2000年に『トリスタンとイゾルデ』の公演に行って
いる。あれはまあワーグナーだから行ったのだと言い訳しても詮のな
いことだが、いずれにしてもそのあたりを最後に日本公演とは縁がな
くなったということになる。

最後の最後にベルリンフィルを聴いたのは2003年、フィルハーモニー
でハイティンク指揮によるブラームスの2番他。チケット代は2人分
で2万円はしなかったはずだ。

《クラシックのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック