季話§梅子黄~七十二候~芒種

芒種の末候“梅子黄(うめのみきばむ)”である。

梅干しが苦手だ。あの酸っぱさは最初の体験でアウトになって以来、
実物を見るだけで唾液で口中が一杯になるという……げに恐ろしきは
トラウマなりなのだ。

梅話を続けると、我が家には阪神淡路大震災の年に漬け込んだ16年物
の梅酒がある。アルコールに弱い同居人が我が酒に付き合おうという
目論見で漬け込んだものだが、味見をすることもなく幾星霜。

去年、台所の整理ついでに恐る恐る味見をしたところ、これがイケる
のである。コックリとした味わいは、15年を経たというまさに時間の
賜物であった。

同居人におかれましては、この夏の猛暑を乗り切る暑気払いとして、
薄めてチビチビとお呑みくだされたく。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック