暴話§ネット上に私生活を露出する

またぞろツイッターあたりで、有名人を目撃して何だかんだ呟いた人
がいた。結局彼女は会社を辞めるという状況まで追い込まれてしまっ
た。

そこまではともかくも、その後ネット上にあった彼女のプライベート
な情報までが他人の手で晒されるということまで事態は広がってしま
ったようである。

そもそもの状況は彼女の責任だが、以降は明らかにやり過ぎと言うし
かないだろう。繰り返し書いていることだが、ネット上に自分自身の
情報をどこまで露出するのか。

これはもう個人差があるから、ここまでという明確なラインなど引く
ことは不可能である。だからもう個人の判断でコントロールしていく
しかないということなのだ。

例えば、ネットショップで個人情報を出すにしても――一応は――セ
キュリティモードで送信するという、それでまあいくぶんか安心感は
存在する。

あとはこのブログとせいぜいツイッターくらいなもので、読めばわか
る程度の記述をしているに過ぎないし、親しい人が偶然にでもこのブ
ログにたどり着くならば、誰が書いているのかわかるかもしれない。

だが、フェイスブックにも手を出していないことでわかると思うが、
いまだにネット内で個人情報を披瀝することには慎重である。仮に自
分自身に何の非がなかったとしても、いかなる悪意が気まぐれを起こ
さんとも限らない。

というわけで、この程度でお茶を濁しているというわけなのである。
そして、海の向こうアメリカではツイッター上にご自身の下半身写真
を晒した下院議員が辞任に追い込まれたのだ。

【去年の今日】呟話§不在つぶやき[3]そういえば~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック