季話§菖蒲華~七十二候~夏至

夏至の次候“菖蒲華(あやめはなさく)”である。

いずれがアヤメかカキツバタではないが、しかもアヤメとショウブは
同じ漢字などお使いあそばしているものだから、いよいよもってやや
こしや~で、見分け方はあるのだが既にして面倒なので、ぜーんぶま
とめて“アヤメ”と呼んだり“カキツバタ”と呼んだりという狼藉で
ある。

尾瀬のあたりをうろうろしていた時、よく見かけたのは“ヒオウギア
ヤメ”という種類で、水芭蕉が終わる頃から咲き始め、ニッコウキス
ゲの頃まで一か月ほどの間、湿原の彩りになっていたのだった。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック