醸話§二日酔いって・・・何?

そういえば、ずいぶんと長いこと二日酔いとごぶさたであることに気
がついた。間違いなく一年以上は二日酔いをしていないはずなのだ。

二日酔いするほどの量を呑まなくなったということと、二日酔いする
体力がなくなったということである。

顕著にわかる理由のもう一つは、はしご酒が面倒になってしまったと
いうこともある。一軒目で腰を落ち着けてひとしきり呑めば、それで
もう十分なのである。呑み足りないからと2軒目を目指すという意欲
は既にない。

酒を呑み倒す時代は過ぎ行きて、ほぼ決まった量をおいしくいただい
て、はいおしまい!という酒行動が定着して久しい。気がつけばお酒
との折り合いがついていたということなのだろうか。

ところで週に2回の休肝日だが、まじめにお勤めを果たしている。ち
ょっと前だったらビールの1本くらいという未練を抱えていたのが、
今年あたりは淡々と食卓に上った休肝日の食事を口にして、ご飯をお
代わりして……さっさと飯を食うことで酒を押さえ込んでしまうので
あるが。

そこで意外なことに、食事中にけっこう水を飲むということに気がつ
いた。味噌汁のような水分もあるのだが、食事をしながらの水という
のが習い性になっている。不思議なことだが、水でもって酒の代わり
にしているというわけではないのだ。

【ひだまりのお話の原点】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック