ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 露話§どこでも甘い飲み物しか

<<   作成日時 : 2011/07/08 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

アウトバーンのサービスエリアでペットボトルのドリンクを買おうと
したら、日本にあるようなウーロン茶や日本茶のように無糖系の飲料
がなくて困った。

似たようなことが台北のコンビニでもあって、これは無糖だろうと手
にしたジャスミン茶だったかにもしっかりお砂糖が入っていたのだ。

日本のコンビニのドリンク棚を見渡せば、無糖から微糖の製品もそこ
そこの品揃えで並べられているから、必要に応じて甘いの甘くないの
と選択することができる。

ところがアウトバーンのサービスエリアのペットボトルは、どれを取
っても甘くない飲み物がないかのように思われてしまう。例えば、日
本で売られているのと似たようなパッケージのレモンティーがあって
微糖だろうと思い込んで買ってみたら、いつまでも甘さが残るほどの
ものだったのだ。

などと書いていたら、最近欧米で日本茶のペットボトルが流行の兆し
なのだそうだ。昨今の日本食ブームとリンクしているのかどうかはわ
からないが、過剰な糖分摂取に彼の国の人間達もようやく危機感を抱
くようになったのかどうか。まあ、そんなところだろう。

20年前にイタリアはヴェローナの小さなバールでエスプレッソを注文
した。前のおっさんはエスプレッソを受け取ると、カウンターの砂糖
入れから小さなデミタスカップにスプーンに2杯も、というのを見て
びっくりしたことを思い出している。

【去年の今日】呟話§W杯つぶやき〜さてドイツだ〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
露話§どこでも甘い飲み物しか ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる