ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 逃話§豚肉の脂身ですよ讃

<<   作成日時 : 2011/07/14 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

子供の頃、豚肉が食べられなかった。原因は脂身の舌触りがどうにも
我慢できないという至極単純な理由だったのである。

長じても、敬して遠ざかっていたのだが、いつの頃だか忘れたが、あ
る時食べたロースカツの脂身がたまたまだったのかどうか、ことの外
な風味で思わず食べ進んでしまったのだ。それ以降は脂身を回避する
ようなこともなくなった。

どうやら昔から味覚が未熟なままで、それがそのまま成長した結果、
脂身に順応するまでに時間がかかり過ぎてしまったということのよう
である。それで、いい年齢になったところで、うまい脂身とそうでな
い脂身の差異がわかって食べられるようになったということである。

それでまあ、豚角煮のようなトロトロの脂身も克服することができて
少しばかり食事の幅が広がってくれたのはなによりだった。

子供の頃からの偏食だが、大人になってずいぶんと食べられるように
なったものだというのが身贔屓ながらの感想である。仮に、あのまま
で今があるとしたら、相当な非難を受けるのは間違いないところだろ
う。

まあ、自嘲&居直り気味に言っていることは、何を食べても身になっ
てくれるから、食べないよりははるかにいいのだということである。

《健康のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
逃話§豚肉の脂身ですよ讃 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる