秋話§日本のオクトバーフェスト・・・

ここ何年かで、日本の“オクトバーフェスト”なるものが組織化され
各地でそれぞれ一週間とかで開催されているという不思議。

まあ、本家ミュンヘンでは9月下旬から10月にかけての2週間で、オ
クトバーはもちろん“10月”だから、この間東京は日比谷で催された
のは5月下旬だったし、今週は代々木で催されるのだ。

まあ、言葉と催しとが勝手に独り歩きしているというふしがないでも
ないが、多くの(酒好きな)人にドイツビールなるものを味わって覚え
てもらいたいという趣旨は理解したいと思う。

とはいえ、ドイツ直輸入の樽生の値段はさすがに考え込むような類の
もので、ミュンヘンだったら800円ちょっとのリットルジョッキが
日本では2000円という……ビール好きだったら高いと思っても呑んで
しまう量だが、物見遊山でという人にはちょっとという値段だろう。

とまあ、あれこれ書いてみたが、こういうことからドイツへの興味が
生まれてくれるのもまた吉なるかなであるし、日本のメジャーメーカ
ーのビールとは明らかに違うという、そういうことも経験してほしい
と思うのだ。

ちなみにミュンヘンのこの秋のオクトバーフェストの各ビアホール・
テントの予約は始まっていて、御一人様30ユーロでリットルジョッキ
2杯、軽いつまみ、料理一品プラス席料というものである。

《ドイツビールのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック