週話§土曜呟き~暑中見舞~

えーと、暑中見舞を出すのはこの時期ということなのかな。年賀状は
毎年欠かさず出しているが、書中見舞を書いたことはない。寒中見舞
も同様に書いた記憶はない。

要は、気がついたら暑中や寒中は終わっていて、ずうっと出しそびれ
たまま、ここに至った長い年月があるということなのだ。もっとも、
暑中見舞のはがきをいただくことは、ほとんどないのも同然だから、
おあいこと言えばそういうことである。

金曜日だった昨日も、7月らしからぬ高原のような陽気の東京で、こ
のまま秋になってもいいんだよ、ということすら思ってしまったが、
そういえば我が家周囲でアブラゼミはまだ鳴いていないのだが……。

【去年の今日】街話§J街通信[69]影を慕いて

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック