昆話§クマゼミ北上中・・・

クマゼミが東京都下の我が家付近に棲息を始めて数年が経った。どう
やら定着したということができそうである。

それにしたも、蝉の移動範囲がどれほどのものかと思った。それで調
べてみると、せいぜい1kmから2kmの範囲に留まることを知った。

一匹や二匹程度で移動しようとしても限度はあるに違いないから、何
匹かがまとまって、少しずつ北限を上げていったに違いないと見てい
る。2000年を過ぎた頃には茅ヶ崎付近まで東進北上してきたというか
ら、本当に少しずつ少しずつ行動範囲を広げていったということなの
だろう。

クマゼミ達の東進北上が温暖化と関係あるかどうか、それを判断する
ことはできない。あれやこれやと読んでいくと、植樹による移動なる
ものが浮かび上がってきたが、そんなに都合よく産み落とされたクマ
ゼミの卵が埋め込まれた木が移植されるものだろうかとは思うが。

というわけで、そもそもの棲息地域がどのあたりかはわからねど、毎
夏毎夏少しずつ移動を繰り返していったのだろうと素朴に考えたい。

それにしても不思議だと思うのは、そうやって自分達が生存する場所
を広げていこうとする本能の為せる技なのである。

《ドライブのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック