来話§バイロイト音楽祭2012年の予定

2012年のバイロイト音楽祭も28日に終了した。終了と同時に2011年の
音楽祭スケジュールが公開された。詳しくはリンクを参照のこと。

今年も指環の空白年で、5演目が上演される。新演出は『さまよえる
オランダ人』でジャン・フィリップ・グロッガーの演出。指揮はクリ
スティアン・ティーレマン。すいません、去年の『タンホイザー』の
演出家と同様、グロッガーという人がどんな演出家なのか、まったく
知りません。

休憩なしで上演される『さまよえるオランダ人』と『ラインの黄金』
は、7月25日音楽祭の初日に上演されることはないと聞いていたが、
来年はオランダ人で初日の幕を開ける。

『マイスタージンガー』のプロダクションは今年で終了――やれやれ
――するので、残る4本は『パルジファル』『ローエングリン』『タ
ンホイザー』と『トリスタンとイゾルデ』で、トリスタンは2005年以
来、2年の休演を経てこれが最後の上演年ということだろうか。

そして、再来年2013年のワーグナー生誕200年の記念年は『ニーベ
ルングの指環』新演出と、音楽祭の中の人達の間で“オペレッタ”と
呼ばれる初期の三作品『さまよえるオランダ人』『タンホイザー』と
『ローエングリン』というラインアップで行われることになるのだ。

《憬話§我々の“バイロイト音楽祭”2008.08》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック