遊話§休暇つぶやき~2011.09.10~

アルプスの端っこの山中で6泊した最終日、山の上でひと夏を過ごし
た牛達が里に下りる行列にあちこちで遭遇した。

乳牛にとって山の上の環境は過ごしやすく、良質なミルクを生産して
くれるのだとは、地元の人が教えてくれたことである。そんな山の上
も秋になって気温が下がることで、牛も下山するということである。

下山するにあたって、牧童達の帽子は野の花で飾られ、大きいカウベ
ルを首にさげた牛達もまた花の輪で飾られて、のんびりと歩みを進め
るのだ。

行列は普通の道路を使われるので、警官による交通規制も行われる。
この日の主役は牛なので、遭遇した自動車は忍耐強く行列に従ってノ
ロノロ運転で後をついていくのである。

我々にとっても遭遇するのは10年ぶりのことなので、そんな非日常の
風景をすっかり堪能してしまった。こういうのも旅の思わぬ贈り物と
言うことができるだろう。

そして、目覚めれば日本へと帰国する日になった。旅の出会いに感謝
しつつ、日本への帰還を楽しみにしている。

【去年の今日】胃話§おいしいものを腹一杯・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック