繋話§オーストリアでのネット接続[下]

[承前]

到着当日と日本に戻る前日はそれぞれドイツで一泊したが、そのため
にドイツの接続まで申し込むのは馬鹿げているので、結果的としては
オーストリア10日間分という申し込みをした。先々、旅行が長期に亘
る時は別の方策があるか考えなくてはならないだろう。

ネットで使用する3日以前に予約すると割引が受けられる。メモリー
スティックは空港の指定カウンターで受取るシステムになっていて、
帰国した時も同様にカウンターに返却すればいいのだ。

というわけで現地に到着。パソコン本体にはあらかじめ接続アプリケ
ーションを落としておいたので、スティックを差し込んで手順どおり
に進めていくと、やれうれしや繋がったではないですか。

↓朝起きて、7時間先を行く日本のニュースを確認するという日課
画像

ただ、山間地のこととて電波が弱く3Gではなく2Gレベルの速度で
しかネットに接続できないのは残念だった。ではあるが、画面の出が
遅くなることと動画がサクサク動かないという程度でしかない。

これでまあ短いながらもブログを上げられるということに加えて、活
字&新聞好きの同居人が日々の日本からの報道を眺めることができる
という、彼女にとってストレスの一つだった日本からの隔絶なるもの
の一端が解消された。これに関してはポイントが高く、一日あたりの
使用料金の問題ではないと思ったのである。

かくして正味6日間のオーストリア滞在でのネット接続は、電波の強
さ以外に大きな不満はなく、先々の旅行に繋がる可能性を感じさせて
くれたのだ。

帰国した時に空港の返却カウンターに直行したのは言うまでもないこ
とだった。何せ、保険を掛けないままメモリースティック本体を破損
したり紛失しようものなら10万円近い弁償をしなくてはならないし、
延滞料金も一日2000円というべらぼうな額が請求されるのである。

【去年の今日】司話§権力闘争にうつつを抜かして

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック