ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 樺話§室内履きはビルケンシュトゥック

<<   作成日時 : 2011/09/27 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

もう10年このかた、我が家の室内履きはビルケンシュトゥックと決め
ている。

それまでは当然のようにスリッパを履いていたのだが、外履きとして
ビルケンシュトゥックを使っているうちに、ふと室内履きにしてみた
らどうだろうと思うところがあって、ミュンヘンに立ち寄ったタイミ
ングで購入したのだった。円安の時代であっても現地で購入するほう
が安かったのだ。

ビルケンを室内履きにしたことで安心材料が一つ。突発的な何かが起
きても、そのまま外に逃げることができるというものである。これは
けっこうポイントが高くて、それだけでもビルケンにしてよかったと
いえるだろう。

その代わり、スリッパのようにふにゃふにゃではなく、ベルト留めも
あったりするので本体を上から足で踏むとけっこう痛いものがある。

そうこうしての愛用の時が過ぎて、気がついたら中敷きがパックリと
割れていたのだ。なので9月の旅行のタイミングでもって新しい室内
履き用に買い揃えたのだった。

おりもよく円高にふれていたおかげで、一足5000円ほどで買えたのは
ありがたい。一度買えば優に数年以上はもってくれるので、そういっ
た意味でも今回はお財布に優しい旅行だったと言えるだろう。

《ドイツのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
樺話§室内履きはビルケンシュトゥック ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる