嗣話§香川照之が歌舞伎に・・・

昨日朝、ネットを開けたら思わぬニュースに目を見張った。

市川亀治郎が四代目市川猿之助を襲名し、いとこで現・猿之助の長男
香川照之が市川中車を襲名して歌舞伎俳優としてのお披露目をすると
いうのである。

本来だったら香川照之が、子供の頃から歌舞伎役者として育てられ、
猿之助を襲名してもおかしくなかったはずなのが、両親の離婚という
流れの中で歌舞伎役者の道を閉ざされたということだったのが、四十
代半ばになっての歌舞伎役者が誕生することになったというのは、周
りから見ても不思議な気分がしないでもない。

さすがに彼が歌舞伎の舞台に頻繁に立つなどということは考えにくい
ものがあり、それに次ぐ話題としては、照之の長男が市川団子を襲名
するということも大きいような気がする。ある意味で長男の後見的立
場としての中車襲名ということではなかろうか。そして、現・猿之助
が猿翁を襲名するということになるのだろうが、舞台に列座すること
ができるだろうかという心配もある。

さて、ある意味で頑なに自分の息子が歌舞伎役者になることを拒否し
ていた猿之助だが、どのような心境の変化が起きたのか、それと彼が
育ててきたスーパー歌舞伎とそれを支えた右近をはじめとする多くの
役者達との関係がきっちりと継続していってくれるのだろうかと……
懸念材料がないわけではない。

ただ、歌舞伎座の新装開場が再来年春と、まだまだ間があり、休日の
演舞場興行でも空席が見えるという、客の側の息切れ状態を刺激する
カンフルには十分になるのではなかろうか。もちろん、さらに先のこ
となどは我々が窺い知ることはできないのだが。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック