租話§免税のしきたり[上]返したくない

『屋根の上のヴァイオリン弾き』の劇中歌に“しきたりー!”っての
があって、英語だと“Tradition!”って言うんだな……ふーん。

閑話休題

一度払った税金を取り返すことの困難さは、こんな面倒なんだったら
返してもらわんでもいいという風にジワリジワリと思い込ませようと
しているというか何と言うかである。

今回の円高で久々に買い物をしたものだから、そこで支払った物品税
をいくばくかでも取り戻そうと、同居人がせっせと書類を集めてくれ
た。それで、税金を戻してもらう場所はフランクフルト国際空港とい
う、気がつけばヌエのような空港になってしまったあそこなのだ。

それで、というわけではなく何となくということだったのだが、到着
翌日にミュンヘン空港のカウンターでフランクフルト行きのフライト
を一便早めてもらったのだが、それが後になって効いてきたという。

ミュンヘンからフランクフルトに飛ぶ国内線が到着するのはターミナ
ルAで、成田へのルフトハンザは国際線ターミナルCから飛ぶのだ。
それで、AからターミナルBを越えてCにたどり着いてインフォメー
ションで免税手続きはどこだ?と聞いたら、係員答えることには……

Only B! No C!

……だったとさ \(^o^;)/ この時点で既に一便早めた半分の時間を
消費したかもなのだと言えよう。かくしてA地点からB地点を経由し
てC地点にたどり着いた我々は、再びB地点を目指すべくUターンし
たのであった。
                            [続く]

【去年の今日】蒙話§大相撲九月場所終わる・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック